プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
BMW M1 Art Car

12-12-7 (11)
M1完成しました。今回の製作はわりと大きな失敗も無いまま完成しました。
作っている途中、幾つかフェンダーにチップを作ってしまいましたが、何とかタッチアップしてごまかし。
それにしても、いい製作が出来たなと思います。
自分としては大満足です。
アートカーのボディは実車の写真を参考に、細かいディテールにも気を配ったので、ぜひ大きい画面で見てください。
12-12-7 (4)
製作はゼッケンマークと車検シールのベース以外をすべて筆で描きましたが、
筆の味も出たかな。レタリングも製作中は結構アラが目立っていたんだけど、クリヤーを吹いたら違和感が全くありません。
レタリングの微妙なデザインの違いも、筆で思うまま書いちゃえば雰囲気がそのまま写るような気がしました。
この車は79年ですから、そこまで現代の字体とは変わりありませんが、これが50年代の車となればこのアイディアは絶対これ以上に生きます。なにしろ本物も手書きの時代だからね。

12-12-7 (3)
ペイントは不規則なカラーリングを成しているため、引き締めるべき所はしっかりやらないとただのオモチャとなります。なのでオリジナルのパーツをベースにしているけど、実物と雰囲気が変わり無い様に手を加えた部分がいくつかあります。
フロントのウィンカー、ポジションランプの下地の色はオレンジが鮮やかに映えてしまわない様、ポジションよりも明度を落としたシルバーで塗装しました。
テールランプも同様に、裏のボスを切り取った後に下地に工夫を施しました。
M1のテールランプは好きな部分の一つ。このデザインがたまらない。M1は635と同等のランプなんだけど、これは淵が黒ですね。艶の無い黒で淵を塗ってやると一気に見栄えが良くなる。
テールランプではウィンカーのオレンジが目立つように、そしてバックランプが影で赤く染まらないように気を配りました。おかげで1/64とは思えない満足感ある仕上がりです。

12-12-7 (2)
ホイールの一工夫もモデルの出来栄えを大きく左右する部分でした。
リム部分にメタル塗装を施して、ディッシュ部はシルバーを白と黒で割り、金属光沢を落とした色味に塗装しただけで、この様にレーサーらしい重厚感が生まれます。ハイテクを駆使して生まれたレーシングカーの足元には乗用車には見られない細密なディテールが魅力です。
上の写真と比べると、リム部分とデイッシュ部分では、影になった時と光が当たっている時で反射の仕方が違うのがわかります。
それと地面との接着感が劣っていたので、スリックタイヤは紙やすりで丁寧に削っちゃった。
ウォール部分との違う質感が出たので、これまた良い技でした。

12-12-7 (6)
両サイドでまったく異なるキャラクターを見せるパターンがこのアートカーの大きな魅力ですね。
こまかい所まで気を使って、細い筆を丁寧に走らせていきます。
僕はところどころに空気がすり抜けていく様な、細い白の線が一番好きです。
アンディ・ウォーホルが実際にペイントしている映像が残っているのが非常にありがたいですね。
12-12-7 (16)
カラフルなこの面もいいけど、やはり反対側の赤と緑が鮮やかにぶつかりあっているところがこのアートカーのハイライトとも言えましょう。実際、あの強烈な印象こそがM1のアートカーのイメージとして多くの人の記憶の中に留まっているはずです。
こっちの側面はシンプルかつ強烈な反対側と対をなしています。調和というものでしょうか。
12-12-7 (9)
ボンネットにも描かれている白いラインも、平面の塗りも同じ筆でかきましたが、
天然の毛の筆は凄いですね。絵の具の含みが良いので伸びるから、細かい作業もストレスを感じません。
ただし本当に細い線を描く場合は、普通に塗る時よりももっと沢山の水で薄めて筆先で乾かないように、伸びやすい様にした状態で線を引きました。
12-12-7 (12)
模型の出来としてはこういう部分が大事なのかもしれません。
本当ならデカールを使うべき部分でしょうけど、どうしても全て自分の手の作業で完成させたかったので、手書きとなりました。1.1mm程度の小さな文字ですが、IMSAだけでも読み取れる様にしました。字体は少し不安定だけど、肉眼でみるなら問題ないです。ちなみに、さらに細かく見せるように字の色は灰色に近いんです。
全体で見た時も変に部分が浮かび上がってくる事も無いので、見ようと思わなければ目に入らないし、
実際のM1のほうでもこの部分ばかりが目に入るという事は無いはずです。

12-12-7 (13)
リアエンドに、ウォーホルのサイン。完成直後に、サインする姿がとても格好いいです。
この模型に描いたサインはどこまで合ってるか、自信無いかな…笑
雰囲気!
12-12-7 (1)
ドライバーのほうではこのアートカーをヴィンケルホック等がドライブしたそう。
総合6位でIMSAクラス2位だったらしい。

12-12-7 (17)

カスタムミニカー完成車両 | 2012/12/07(金) 23:17 | Trackback:(0) | Comments:(2)

こんばんは!&おひさしぶりです。

素晴らしい作品が出来上がりましたね(=゚ω゚)ノ
ベルトンさんにしか作れないよね!これは。

とにかくサイコ-!!(^□^)
2012/12/08 土 23:05:25 | URL | たーまん #fd/r.ZFc編集

どうもこんばんは。お久しぶりです!

なんか非常に気合いの入る題材でした。
これからは50年代とか60年代のレーシングカーも仕上げてみたいと思います。

M1は有名なカラーリングが多いので他にもやりたいのが沢山あります。
2012/12/09 日 18:51:05 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702