プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TZ ナンバープレート
ナンバープレート製作しました。
外見で他に絶対問題だったのがこれです。
プラスチックのシルバーの土台にムゼオ・ストーリコとか書いてあります。
それはそれで良いんですが…
やはり実際のプレートのほうが良いに決まっております…笑
13-4-11 (1)
最初は例に習って僕もプラ板で作ったのですが、外枠を作ろうと考えてアルミをプレスしたらそっちの方がいいじゃん!
ってなったわけ。
で、アルミだけでなく銅版でもやってみたら流石に銅のが加工がしやすく綺麗にできました。
写真の通り若干ゆがみがありますが、これが返ってよいのではないかと踏み、製作を続けました。

さて番号です。実はイタリアのナンバーばかりに魅力を感じていたわけではなく…
オランダ、スイス、フランス…結構悩みました…
で、やっぱりイタリアだよなぁー!となりました。

さてさて番号ですが、これは実に適当に数字を並べています。
イタリアでは70年代前半あたりまでこのプレートが使用されていました。
最大の魅力はこの文字の雰囲気ではないでしょうか。
この魅力を余すこと無くしっかりと筆で描きこみました。どの数字も微妙に日本のものとは違いますよね。
13-4-11 (2)
貼り付けてみると思ったより良かった!
ようやくナンバーが付きました!笑

13-4-11 (3)
こうしてみると手書きには思えないなぁ~~~~~笑
っていうかそうでもなければ大変な事してるコトになっちゃうからな…
13-4-11 (4)
フチがしっかりプレスされたみたいに出来上がってるのも偶然にしてはかなり上手い事いった。
字の文字間隔についてですが、書いてるうちに整えていきました。
ただ7と4の問題についてです。実物もプレス機でかけて作っていたとすると、この部分だけ隙間が多く感じるのは仕方ない事なのではないか?と思ったのであえて気になるままにしておきました。
ちなみに適当な番号ですから、実車でこのプレートが付いてるTZは居ませんので悪しからず。
文字の雰囲気もあって、以前までの無表情さが無くなり、リアの眺めがいっそう華やかに成ったような…
13-4-11 (5)
さて、ついにナンバープレートも変えてしまったので、だんだんオリジナルとの区別が付くようになってきたかな?って感じ。
そういえばこの前の写真、シャーシがしっかりはまっていなかったのでリアだけ車高が高かったのです。
なんかおかしいと思ってたんだよね…
この姿が完成形です。あとは何をしようかなー。
カスタムミニカー | 2013/04/11(木) 10:04 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702