プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
race
前からずっとやってますがようやく思う様な形のレーサーが組みあがってきました。
この車の持っている美しさは、こういう風にすれば必ず壊れてしまうものだと思います。
ある意味この車には適した道では無いからなのでしょう。

でもやってみたいじゃあないですか…笑
以前から2台レーシングカー用に製作を続けてきましたが、こっちは1年以上放置のボロボロの状態でした…
だいぶ前に削り込まれたボディに金属光沢は既にありませんでした。痛々しい状態でした。
13-5-10 (2)
この車にそもそもレース仕様が存在しないため、さまざまな時代錯誤の壁に当たりながらようやく洗練された姿に…(?)
全体的なモチーフはIso A3/C・Bizzarini 5300GT。フロントエンジンのイタリア製レーシングカー。エンジンはシボレーV8。
ギブリも自社製のV8だから、これがヒントとなりました。

なんとなく後の表情が似てきたような…わかる?
タイヤハウスの後のスリッドは気合を入れてボディを削ってから、パテで盛って、えぐってます。
もう何回もリアの修正はしてきたからパテに置き換えただけって感じ。
リアフェンダー後の下部分がもこっと出っ張ってるのは何でだか詳しく知りませんが
これは空力的なものだと思います。

マフラーは思い切ってアメリカ張りに豪快な横出し直管。角度と投げやりな雰囲気にこそ求めたものがあったりする。
かなりの前傾姿勢と、それでいてリアのタイヤハウスにタイヤが隠れるくらいにしたのも、拘り。

13-5-10 (3)
フロントはデイトナにならないように最高に脳みそつかって考え込んだ…結果がこれである。
なにしろリトラクタブルの前から後までの高低差が非常に薄い車だ。
ほんの少しだけ下面がオーバーしてしまったけど、ライトの下は潔くブレーキのダクトにして埋めてみた。
フロントランプは丸目4灯ではなくGT40の角型だ!
たぶんGT40もそうだけど、何しろ薄い車だから、丸目を収めるにはスペースがなかった為のパーツなんじゃないかな。ただし、Mkⅳになると丸目になってしまうから、光度や効率はよくなかったのかもしれない。

思い切って角型にしたからグリルへの進入も少しですんだし、これのために他の車に無い妙な雰囲気が出たと思う。
グリルが中央部のみになってしまって暑そうだ。アゴの部分はまだノーマルのままなのでひょっとしたらここで何か考えを見出さないといけないかもしれない。
13-5-10 (1)
さまざまなアイディアはビッザリーニの他に、コルベットやGT350何かも役に立った。
すべてV8のレーサー。こうなったらアメリカのレーシングカーを目指さない訳には行かないです。
当初よりもかなり大胆な表現になったので、路線変更。本当は欧州のレーシングカーを思い描いて居たんですが。

この車両はフェンダーもノーマルなのが良いのか、痛手となるのかが今のところわかりません…
僕としては69年から71年までのスタイルかなぁと思って見てるんですけどねぇ…
この時代はどの年度もレーシングカーの進化が著しく、正に激動の時代です。故に新たに想像で作るのは厳しいですね。

でも今までギブリをこういう目で見たことがなかったからか、中々新鮮で楽しい製作です。
カスタムミニカー | 2013/05/10(金) 00:45 | Trackback:(0) | Comments:(4)
イイネ!イイネ!イイネ!
2013/05/11 土 09:53:35 | URL | えんすー少年 #-編集
以前ヤフオクに出ていたデイトナ風のギブリとは違うプロポーザルには大変興味があり、もし手持ちのギブリをモディファイしたいと思う裕福なオーナーがいれば、今回のベルトンさんのレクタンギュラーのヘッドライト処理は参考になると思います。丸目よりも、もしかしたら光軸も合わせ易そうで(想像)、改造車検もクリアできそうな・・・ ライトは何が流用できそうかな。
2013/05/11 土 23:44:40 | URL | GTA #-編集

えんすー少年さんこんばんは。

レーシングなカラーもこれから考えないと…笑
形も大事だけど、レーシングカーのカラーリングはレタリング等全ての要素が詰まってこそ見える物になるので大変な事は他にもありそうです。
2013/05/12 日 02:17:44 | URL | ベルトン #-編集

GTAさんこんばんは。

やっぱりギブリらいさを追求した形として、ヘッドライトの処理は重要でした。
あのデイトナ風も流石に格好良かったけど、出来ることなら他の車のイメージの力を借りずに…というところです。

四角いヘッドライトに関しては、長方形とは言え流石に極端に縦が短いライトは少ないようですね…
GT40やロータス62に使われているライトも実際には結構縦の長さもあります。
時代に合った物を使用したいところですが・・・
2013/05/12 日 02:28:18 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。