プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
へこみ屋根
13-6-1 (1)
レベルの1/25マーク。
悩んでた末に後がつかえたので一気に塗装色決めてやってみました。
黒です。いやーシンプルが一番です…
もーいろいろありました。埃は入っちゃうし、まぁ1/64から考えれば体積が増えた分こうなるのは目に見えてたんだけど、落下したりして大変たいへん
落下してほんの瞬間的に救えたボディは屋根に少し前回の絵の具が付着したりスレたりしただけですんだけど、ボンネットの救出は二の次だったのでしっかりとベッチャりひっついて終わりました。
まぁ二種類入っていたボンネットのうち1個が終わっただけだし…不本意ながらルーバー入りのほうを選択せざるを得ない。

車輪はめ込むのだって一苦労でした。これ本当にこんなに力入れないと入らないの!?
って思ってたら組んだシャーシが分離したり。仕方ないので穴ほじり開けて組みました。
13-6-1 (2)
研ぎだして2度目のクリヤーですから艶は結構でましたがこれも結構大変な思いでした・・・
なにしろおっこちてあーだこーだしているうち、良くない事はわかっていつつも白熱球で強制的に乾燥させなければならなかったため、気づかないうちに溶かしていましたよ、と。
まぁーこの程度へのカッパです。直しもせずそのまま仕上げて何食わぬ顔してれば平気。
落っこちたのもへこましたのも製作過程の歴史です。長い目で見ます。初めてのプラモデルだし…汗
ちなみにサイドスカートは2種類あったので好みの長い方を選択。若干刷りあわなかったのでパテで埋めました。

後がつかえてる、というのも他にやりたいプラモデルが出来たからです。
アメプラもやってみたかったしカスタム・マークは大好物ですがそっちに気がとられてます。
カスタムミニカー | 2013/06/01(土) 23:30 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。