プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
予想外によさそうだったので
13-6-4 (5)
なんか研ぎ出ししたら車体が大きいせいかいつもよりも綺麗にみ見える…
となると、ちょっと屋根のへこみが…笑

13-6-4 (3)
ということでパテ盛開始!!!!!!!
今から?今からです!
13-6-4 (4)
砂浜で転倒したみたいになりましたが。
13-6-4 (2)
こんなふうにして、細心の注意をはらい平らを求めていきます。
やる前に屋根の塗装をはいでおけば更に完璧ではあったのですが。
というのも、アクリル絵の具は塗料ではありませんからクリヤー層を削りきってしまうと絵の具層になります。
絵の具は削られる力に弱いのでそのまますぐプラスチック面に突入するため、段差が出来るんですよ。
まぁ、クリヤーが厚い事にかけてはいたんですが。。。どのみち屋根の塗装を剥ぐことになったらどのみちどこかで段差が出来るという事です。
13-6-4 (1)
ここでサフ登場ですね。サフも際はきっちりとマスキングするとそれだけで段差になっちゃうのでフチを半浮かしにして境目ができないように工夫します。
これで乾燥したら塗装が乗っていない部分にサフが残るように工夫して磨いてやればいいんじゃないかなぁと思うんですが。ほんのちょっとの段なんですよねぇ・・・このまま塗ってようやく目に付くぐらいかな…
あと一手間くわえてやれば屋根を復活させた甲斐があるんですけど・・・

あと今日はボンネットとホワイトウォールのタイヤを真っ白からクリームに変更。いい感じ。
今回ボディはテカテカだけど裏返すとあんがい状態が良くない感じを再現するので、タイヤも若干黒ずんでるほうが望ましいわけです。
さてこれを「火の玉」にしようかどうしようか・・・技術的にも…笑
カスタムミニカー | 2013/06/04(火) 00:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。