プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
読んでいる本
実は本も読みます。

…笑

自動車のアートを題材にした本。
ミニカーショップのムルティプラの中古コーナーにあった為即効で買ったのです。
たしか1500えん。

これは1900年代以降の自動車のプロモーションに使われていた作品を中心に歴史を辿りながら丁寧にほとんどカラーで紹介されているため参考になります。明らかに石版画と思われるポスターが多く、多色刷り独特の重なり合った色合いが妙に時代を感じます。

Auto Mobile Illustration-自動車を描く
二玄社による出版物。
なにしろこの表紙のスタイルどおりの70sプンプンでレアっぽそうな本です。
内容は自動車のイラストを描くための手解きを題に国内外の画家六人の作品を紹介した本です。
発行年は71年!

今でも日本だと車の絵のみの内容の本は少ないですが、この時代。
中身も相当凄い。

これも同じく二玄社の本。
'66の本です。
ハイ スピード ドライビング
これは今回紹介する本の中では1番実践的な内容。
なにしろポールフレールさんの教えですよ。翻訳は例に習い小林彰太郎さんです。
レーサーがどうに車を操っているのか?
これを事細かく、しかも物理の法則に従ってキチンと説明された他に類を見ない内容。

ブレーキング、コーナーの奇跡、コーナリング中のスリップとスライド。
ちなみに最初の方は実際のドライブで何と無く理解できてたんですが
今読んでるところは難しい。

ちなみに上の図のようにどちらのラインを通るか?
これは箱根なんかいって試して見たりして実に楽しめました。
流石に残念ながら本番はゲームですけど。GTlegendsにて。
先の読めないコーナーの進入。
こういうのは飛ばしてなくても如何に安全な方法を用いて走るかに繋がりレースのみならず重要なことです。
これは非常に貴重な本です。

お茶の水の古本街で400円はラッキー。
源喜堂で画集を買わずしてこれを手にするのは若干いかん話ですけど。
そのほか | 2013/10/05(土) 02:19 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。