プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
必需品

絵を描くときも細かい表現に適しているだけでなく、模型にだってばんばん愛用していた筆が、壁画を描いた途端毛先が痛み毛は全て抜けてしまいました。たんぱく質が奪われてしまっての結果。
この筆でM1アートカーを作ったり、何でも細かいことする時は必ず使っていた思い出の筆でしたがショック。
なので新たに買いました。
今度は大切に…

細い筆はこの会社以外にもありますが、天然のセーブル毛は非常に質が高く、他のメーカーの物も試したんですがこれは本当に伸びが良く扱いやすい適度な弾力があって最高です。
イギリス、ニュートン製。
細い筆は毛を使用する量が少ないので高級とは言え1000円ちょっとで手が出せますね。
これの太めのヤツ、1万円近くします汗

赤はフロントにオーバーライダー装着しました。
以前までは、アルミ缶細切りしたものに0.5のプラ板でラバーをつけてましたが、
それよりももっと精度を上げて、アルミを打ち出して立体にしちゃいました。

これなら、安っぽくない。
本物と同様のプレス製法!
この、バンパーのオーバーライダーも付いてない方が人気あるので敬遠されがちですが、
十分デザインされてると思います。

リアにはアルミのナンバープレート。
これもとうとう印刷やめて手書きで。

ただ精度を高めるためでなくただの拘りというか…ルッソで初めて書きましたが手で書くと締まります。

この67も途中で止まってたので一緒にフィニッシュさせます!
カスタムミニカー | 2013/11/18(月) 01:09 | Trackback:(0) | Comments:(2)
使い心地が全然違いますよね。
私の学生時代、バイトで溜めた万札を握りしめて三万円近くの筆を買いに行ったことがあります。

もったいなくてなかなか使えずに、机の筆立てが定位置となって半年も過ぎたある日・・・

机の上に筆の毛が何本か落ちているのに気が付き、筆を手に取った所・・・
あ゛っ!
ウールの洋服などを齧って穴を開けるムシが、穂先で糸を張っていました。
(フェルトの筆と列べておいたのが敗因です)

手の届く範囲で使いやすい筆は、名村大成堂の「白桂」などがお薦めです。
2013/11/20 水 21:27:17 | URL | カントク #9enIUaYc編集

どうもこんばんは。
良い筆、しかも使っていると消耗する事によく気づかされました…こんなにハリがあったんだなあと改めて実感しました。
恐ろしい話…あの虫、うちでもいろんな物食べて嫌な思い出ありますが、流石に高級な筆につくなんて…
ちなみに自分は筆の洗い方が下手なので高いのは勿体無いことになりそうで…
特価品コーナーにあった元高級品なら使ったことありますが使いやすいですね。
ナムラの筆ならベーシックなスタイルの奴のイタチも使いやすかったです。白い毛の奴は今度買ってみようと思います。

2013/11/21 木 07:16:02 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。