プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
905

スパークから。905です。
いー車です。大好きなクーペボディではありませんが、この傑作フェイスの初期モデルなだけでも有難い!
値段が1100円というのは買わないわけにはいきません。笑
すっごい安い他のお店でも4900円とかで売ってたもの。。

それにしても良い時代です。
205に始まりこの時代のプジョーって自分にとってとても馴染み深く懐かしい気持ちにさせられます。
その昔プジョーの小さな本に載っていたり、チョロQになっていたり。
明らかに市販車のイメージを狙ったこの顔だったり、プジョースポールの洒落たライン。もうこれも一昔もふた昔も前の話なわけですな。

幼稚園小学校と欠席無しのフレンチブルーミーティング。
昔のこのイベントは良かった!何がいいかって、最近気づいたんだけど、405だったり21ターボだったり、205、AXにサンク!自分ちの306もそうだし106も、皆個性的でとにかくカッコよかったわけか!と。
とにかく皆カッコいい車たちだったんだと今更ながら憧れの的となっています。
今年も少なからず居た106xsiやクリオ16V、うちのと同じマイナーチェンジ前の306なんかを中心に、あの時代の生き残りばかり写真に収めました。
途中すれ違った赤い405Mi16の何と綺麗なこと!末長く維持して欲しいと思いました。
80~90年代、フランス車が花咲いた時代だったんですね。
フランス車系 | 2014/10/21(火) 00:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702