プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ルノースポールへ
クリオ16Vを買って2年弱
車検取得後の実働20日間。工場に預けるも音沙汰無し…僕だって車好きなわけですから、自らの車を運転したいに決まっております。2年間のブランクをもろに解消するのも矢張りルノーでしょう。僕とルノーの汚名もこれで晴れる事が出来るのか!?
既に一台目より長い月日が経ちましたが変なところはありません。たぶん
整備記録を追うとタイベルが交換時期だったので破壊するまえに速攻でディーラーへ持って行きました。流石に二倍と騒がれるだけある値段ですがこの2年間のブランクを考えたら時間に変えられるものは無いのです。安心して乗っています。

フランス車系 | 2017/06/19(月) 20:48 | Trackback:(0) | Comments:(2)
こんばんは。
この時代のルノーって、日本の気候にも問題なく耐えうるものでしょうか? 私の近所でも最近のメガーヌや、カングーくらいは見かけますが、「安全志向」なのか、この時代のクリオ(ルーテシア)は見かけません。。。 私のギブリですが、かなり大がかりなE/G OHを行い、ようやく本来の性能を発揮できています。しかし、100%になるわけでは無く、これは時代を考えると、仕方無いのかも知れません。もうすぐ10年になります。
2017/06/20 火 19:05:48 | URL | GTA #-編集

どうもこんばんは。
全くだめです…笑
この時代のルノーはファンベルトのプーリーが非常に弱く、プーリーの歪みや破損によるベルト切れから起因するタイベル切れが有名なんだそうです。それがこの時代の全車に言えることで、カングーをオシャレで買った人たちも皆これに悩まされしかもディーラーの工賃部品がおよそ他メーカーの二倍の洗礼を受けていると思うと脱帽です。
生憎買ってから知りましたが、流石に2台目ですし覚悟をもって挑んでいます。。。

ギブリ、OH終わったのですね!長かったかと思いますが、調子が良くなってきた様でよかったです。やはりスポーツモデルとして、古くなってもポテンシャルを最大限に活かしたくなりますよね。これからも改善されて行くといいですね。
10年目との事、これからもぜひ大切にされてください。
最近はミニカーをめっきり作っていませんが今でも作った物を眺めては満足しています…笑
2017/06/21 水 22:45:01 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702