プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
シトロエン DS19 '63
20070514000425.jpg

1/64ジョニーライトニング製 シトロエン DS US仕様→本国仕様に変更

やっと出来上がりました。
まだやらないといけないなぁとおもう部分は各所ありますが、
一応、時間がないんでこれで完成です。あくまでも一応です。

US仕様と本国仕様では大分異なる部分があり、
やはり自分はなんていうか本国仕様が欲しかったので、
冷や汗たらしながら、highrollerさんから頂いたDSを改造しました。

20070514000902.jpg

63年だとダブルバンパーではないと思うしキバ付きでは無いほうがスマートでいいので、まずそこを削り、バンパーの下のカバーも肉薄でかっこわるかったので、パテを盛りました。
それとヘッドライトの下に宇宙船みたいな楕円形のウィンカーが奥まった場所にあったのでコレクションのライトを複製しておいて、
ライトも関係なく削ったもう1度複成した型にパテを盛ってくっつけて乾かし、
綺麗に削って完了。
ボディの形にあわせてあるウィンカーを手書きで再現し、これでフロントの造形は本国仕様になってきました。
窓の上部も変にべっこりもり下がっていたのでペンチで曲げてピラーを折り、気にせずフツーに作業続行。
20070514001727.jpg

で、非常にぶっといタイヤがイメージダウンだったのでコナミとリアルXとホンウェルを合わせて作ってあります。
ウィンカーまではしませんでしたがテールランプは4灯から2灯になってます。
あとサイドモールを削り、DSのサイドラインをより引き立てれるようにしました。その際、その時代のシトロエンの技術っぽく横から見て背景がうねうね写るように削ってあります。(結局あまり効果が得られませんでした。
20070514002154.jpg

この視点からだとDSのラインとうねうねした風景が写りこんでいますね。
あとウィンドウは分厚かったので自作、前席は全開ですが、後ろ左だけ中途半端に開いてます。
自信ないけどまさかDSで窓が開かないってことは…
20070514002249.jpg

あと最大の欠点がここで、屋根が物凄く汚いです。
ちゃんと写ってませんが…
エナメル塗料ですが、手垢や埃を吸いつけちゃって汚れます。

20070514002612.jpg

色選択は本当は屋根とボディと逆でしたがレーシングホワイトがない→仕方ないから紺にして屋根の色を買ってくることにしたと。
イエローバルブなのも大事です。
当たり前のような小細工ですが、これをやらないとやっぱりだめですね。

結構製作期間が長かったです。
でもできて良かったです。

カスタムミニカー完成車両 | 2007/05/14(月) 00:28 | Trackback:(0) | Comments:(2)

お久しぶりです。
最近暇ができたり忙しかったり不規則なのですが、ユーノスは相変わらず楽しいです。このごろは屋根をあけているほうが多いです。ボロードスターですけど。

あのDSがここまで・・・感涙ものです。
サイドのモールレスとイエローバルブがすばらしいですね。JLの違和感をすべて払拭していますね!
ウインドウはヒートプレスでしょうか?透明感が出ていますね。
何故かコーギーっぽいと思ってしまったのですが、イエローなバルブのせいかなぁ。コーギーとかはキラキラのダイヤカットプラスチックがライトに埋め込まれていますね。あれ、けっこう好きです笑
2007/05/14 月 20:40:26 | URL | highroller #SFo5/nok編集

ロードスター楽しいですかー。
自分も、何かこう、走るスポーツカーに1度乗ってみたいです。
安いけど速く走ってる気分になれる、そして形に夢があり…
なんて、こんな車を探してます。これからの時期だとオプンは厚そうですね。日射病にお気をつけください。

やっぱりダブルバンパーが暑苦しかったんでしょうか。
最初にこれを削りましたがそれだけでも雰囲気は変わりました。
ウィンドウは手曲げで、京商のブリだったりします。
ペットより薄く曲げやすく、平面のところにも使えるところがいいです。が、ライトカバーのような部品には向いてないかもですね。
こーぎーのダイヤカットはいいでよね。
車とはかけはなれた感覚ではあるのに、
何故だか、
その時の時代の素晴らしさとアイディアとが組み合わさってディープな感じです。
2007/05/16 水 00:00:52 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。