プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ヒーレー -ジャンク
20070601211817.jpg

20070601211841.jpg

僕の愛読紙はハコスカや240ZG、コスモスポーツが好きだった頃(今でもだけど)、ノスタルジックヒーローでした。
中でも好きだった記事は草ヒロ。。。
どこがいいのかさっぱりわからないが、今でもサビサビの車が放置されているのを見るとドキッと来ます…

さて、今日のカスタムミニカーはこれ!
ヒーレー!
雰囲気作りのために夜だけど外で撮ってきました。
本当は夕日に照らされる頃が一番草ヒロにお似合いだけど、仕方ないでしょう。
20070601212317.jpg

草ヒロは良く観察してたから大体わかります。
窓枠あたりからサビ水が垂直にしみを作っていたり…
ぐさぐさになっているサビ面、それとかこげサビ…
水が溜まりやすいのか、隅の方から徐々に広がっていくようです。
20070601212549.jpg

さび方が一台一台違うのも、いいんですよね。
そして、かわいそうな一面、パーツが持っていかれているんですよね。

20070601212956.jpg

で、ミニカーですけど、サビ塗装はいつも試行錯誤を繰り返してます。
今日はコナミや京商のようにツヤのあるモデルの場合まず表面をペーパーがけし、サビをただ塗っただけのよりもツヤが落ちているのを再現することができるのでいいです。
その後、フラットブラックを薄め液で薄くしたものを綿棒で塗り、何も混ぜていない薄め液にてそれを薄く落とし、
その上にサビを塗ります。まず、サビそうなところに塗り、少し経ってから薄め液で垂直に擦ってサビ水が塗装にしみこんだのも再現してみました。
これで大体雰囲気が良くなりました。
もっと言えばガラスも曇らせたかったですが、本当に再生不可能にさせるつもりはないので辞めてます。
それにオープンのまま放置してたらもう跡形ない気がする…

だけど、、、
ヒーレーなんかでやっちゃかわいそうだね!
もしも本物でこういうのがあったら放置した人犯罪だ(笑
カスタムミニカー完成車両 | 2007/06/01(金) 21:38 | Trackback:(0) | Comments:(3)

ベルトンさん、こんばんは。
遅ればせながらようやくブツの発送完了しました。
おまけも大したモンじゃないです・・・。
申し訳ありません。(^^;)

で、凄いですねコレ。
僕も以前汚れサビ塗装は挑戦したのですが上手くいかなくて。
簡単にやってのけちゃうベルトンさんが凄い・・・。
画像を見た限りでは某超絶HWカスタマーさんに匹敵する程のレベルでは?って感じです。
これは僕も頑張らないとマズイですね。本格的に。(汗)
お見事でした。
2007/06/01 金 22:42:36 | URL | 隠居 #wEw7l/02編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/01 金 23:05:24 | | #編集

隠居さんこんにちは。
お荷物、そうだ忘れてた(笑
というか今ちょうど届いてたのを確認しました。いやぁ、きましたTI。これからどのように調理しようかにやにやするところです。
さてyoutubeでも開いて。。。

さび塗装はアクリル塗料だとうまくいきますぜ!
塗料がうまく乗らないのをりようして、こすりながら塗る感じでやってみましたー。
そ、そうか、HWにもこんなジャンクがいっぱいありますね。
本格的にきわめてみたいですねー、
さびにもいろんな色があるから、いろんな色の茶色かって来よう。
2007/06/02 土 17:05:37 | URL | べルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。