プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
タトラ T603
tatra t603

第三世界のワイキキさんから、貴重なものを頂きました。
チェコ製の自動車メーカー、タトラが主にお偉いさん用に開発した大型高級車のT603
ドイツのGRELL製です。(made in CHINA)
  大型ボディ、小さいフロントノーズ、リアエンジンのため後ろがやや長い。
猫バスみたいですね(笑
tatra t603 (2)

以前ワイキキさんも言っておられましたが、初期型の3灯だったらよりよかったのですがね。
3灯の場合内側の1灯はステアリングに連動して動く構造、後期DSで採用されている構造ですが、
以前にあったのですね!始めて知った。
リアに搭載されるエンジンは多分初期型の表なので多少のズレはあるとしても、
2545ccのV8エンジン、95hpの時速は170kmに達したといいます。
5M数センチの車体は流麗なデザイン、空気抵抗0.36だったと。
奇妙でかなり凄まじいのですが、これはいいなぁ。
tatra t603 (1)

ミニカーはやはりでかく、手にとってみても「ぉお!」といったかんじ(笑
このミニカーで実車を知った自分ですが、
ここまでくるとやっぱり実車を近くで「おお!!!」と驚いてみたいものです。
生産台数6000台弱。1957年から75年までらしい。ミニカーは最後期の67-75のもの。
さて、この車は日本にあるのか!?

んー見てみたいなー。

ミニカー | 2008/03/06(木) 22:46 | Trackback:(0) | Comments:(4)

こんばんは。

これは凄いですね!!
GRELL製なんて実物を見た事がありません。
しかもタトラT603とは!

凄いものを頂きましたね。
素晴らしいです!

T603の動画です。
http://jp.youtube.com/watch?v=IpuweiODHw4
2008/03/06 木 23:55:29 | URL | はんすけ #eL1cTUxM編集

どうもこんばんは。

凄いですよね!(笑
個人輸入の際、自分の分も用意してもらってしまいました。
自分はまださすがに海外は無理なので、凄いなとしかいいようがないです。


GRELLの実物は自分も初めてです。
いつか日本に正規輸入してくれれば・・・


タトラの動画いいですね。
最初に出てくる人の動きがいいです(笑
でもあんな細い道を質悪なタイヤで走るのはさすがに見てて怖いですね。
2008/03/07 金 23:10:52 | URL | ベルトン #-編集

空冷水平対向6気筒タトラ乗用車の最終モデル=T613/T613-3と所有車のひとつ「レクサスIS350」をスリスリさせるのが見果てぬ夢です!
3500cc/6気筒空冷で165psのイタリアはヴィニアーレデザインの6ライトセダン、原型が出来てから生産開始までに5年!(1968年登場/1973年生産開始)かかるは、東欧解放後の1990年代にはVIP高官のリムジン変じて哀れ「田舎のタクシー」に身を落とすは、冷戦時代末期にはキューバやモンゴルに輸出されて当地の公用車に用いられるなど「危ういストーリー」に事欠かないだけに603型車とは違った意味での好奇心にそそられる次第です。
そんなT613の最終進化形として英国のパーツメーカーの助力で3500ccがインジェクション化されて200psを発揮したT613-3型は1991年のデビュー、出た当時は「マツダ・センティア」ぐらいのハードウェアの水準に達していると思いきや、実際には「奇怪千万な東欧の珍味」として時代遅れの代名詞として扱われたと言うストーリーもまた「唯一無二のシーラカンス」ぶりがにじみ出ていますね!
2016/05/13 金 20:27:37 | URL | 真鍋清 #-編集

ヴィニャーレデザインだったとは!。
妙にマニアックで妙な目立ち方が奇妙でいいですね。ここいらの東国の車を熱心にラインナップしているメーカーですので、ひょっとしたら613もあったのかもしれません。
日本では全く存在しない手の車ですが、そのうちマニア〜な人間が輸入しだすのでしょうか。
2016/08/10 水 19:05:42 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702